オンラインゲームRFとPW。それから好きな本・音楽・映画について、勝手きままに書いていくつもりです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
蜘蛛の糸
2007-04-04 Wed 16:59
この作品は読んだことのある方も多いはず。

教科書に載っていることもあるくらいですから。

作家は芥川竜之介(私が学生の頃は龍と書いて

いましたが、今回検索してみるとどこも竜と表示し

てありました)。




この作品は 普段小説を読まない方に特にお勧め

したい作品です。

その理由はまず、短編であること。

それから、とても美しい日本語で書かれている

ことです。

蓮池のそばにたたずみ、地獄をのぞくお釈迦様の

憂いと優しさを含んだお顔の描写から、地獄で

あえぐ人間達の浅ましい様子まで、とても美しい

言葉を選び取って描いてあるのです。




よく子供向けの作品として紹介されていますが、

大人になって読むと、とても奥深いものを感じます。


この小説を紹介するのに色々と調べていたら、

「青空文庫」という、ネットでしかも無料で作品を

読めるサイトをみつけました。

電子ブック図書館 Flibという方式で読むと

文庫本を読んでいるのと同じ感覚で、作品を読む

ことができるのです。最初にActiveXをダウンロード

する必要がありますが、誰にでも簡単にできますし、

一度ダウンロードしておけば、次回からは読みたい

作品を選ぶだけでいいというスグレものです。

今回はテキスト版「蜘蛛の糸」で紹介させていただきます。



スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<異邦人 | 月夜と猫と日記帳 | エレさんへ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月夜と猫と日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。