オンラインゲームRFとPW。それから好きな本・音楽・映画について、勝手きままに書いていくつもりです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
異邦人
2007-04-04 Wed 16:59

映画紹介の初回に何を持ってくるかは、前もって

考えていませんでしたが、小説を紹介するとき

には必ずこの「異邦人」ときめていました。

4102114017.09._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg





書いたのはフランス人作家のアルベール・カミュ。

この作品でノーベル文学賞をとりました。

まず、ここでいっておきたいことがあります。

それは、この「異邦人」は大好きな作品ではあって

も、みなさんにお勧めの作品ではないということ。

 





とてもクセ(?)があるのです。





私がこの作品を読んだのは中学3年の時でした。

短編ですから、すぐに読みきることが出来たのですが、

読み終わったときには、カミュの虜でしたね ^^。

学校の図書館で人名事典を開いて、カミュの顔を

チェック・・・。渋い!! コート姿がよいのです。

そして、自動車事故で命を落としたことも、なんだか

その時の私の心にピッタリとおさまるものを感じて、

それからは、カミュの作品を読みまくりました。
 


カミュの作品、特にこの「異邦人」は不条理の文学と

称されています。ふむ、世間からどう思われている

のかは別にして、この作品のどこを気に入っているのか。

それは読んでいると、肌にジリジリと焼け付くような、

強い太陽の日差しを感じるところです。

理解出来る、出来ないという理屈よりも、感覚的に

受け入れることの出来る人と、出来ない人とに

分かれる作品ですね。

ですから、「この作品を読んでみてね」と勧めたのは

それまでの付き合いで、受け入れてくれるに違い

ない友人ばかりです。

そして「すっごくよかった。虜だよ」という評価

をもらいました ^^。



殺人を犯して裁判を受ける主人公が

「なぜ、人を殺したのか」と尋ねられて、

「太陽がまぶしかったから」と答えるシーンは

有名です。





スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<ベニスに死す | 月夜と猫と日記帳 | 蜘蛛の糸>>
咲姫さま〜

安心してください!

このブログといい、チャットといい、キツネのあの変なかっこといい、咲姫=ダークとはどう考えても思えませぬ〜
( *´艸`) 
咲姫は本を読んで考えるのがスキな人なのかも??♪♪
ゆっくりと楽しみにしてますね〜ではでは♪♪・△・)ノ




2007-04-05 Thu 02:20 | URL | まき #-[ 内容変更] | top↑
どんどんいきますよ
これから先紹介したい作品を検索して、ただいまネットに潜っております。なるべく読後感の良いものをと思ってはいますが・・・。私って相当ダークなのかも・・・^^;。
2007-04-04 Wed 19:12 | URL | まきさんへ #-[ 内容変更] | top↑
ちゃんと覗きにきましたお〜w

カミュの「異邦人」!!!
わたしも中学生のときにしっかと読みましたよ〜ちょっと読みづらかったけど、引き込まれた覚えがあります♪♪(タブン2回くらい読み返してもいるw   

β(□-□ )フムフム、サク姫ちゃま〜☆
これからもどんどん紹介してくださ〜い( ^-^)/ 
2007-04-04 Wed 18:17 | URL | まき #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月夜と猫と日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。