オンラインゲームRFとPW。それから好きな本・音楽・映画について、勝手きままに書いていくつもりです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
PW スクープ
2007-03-26 Mon 17:00
エレさんのブログでも話題のあの方。とうとう連絡が取れまして、

会っていただけることとなりました。

待ち合わせの場所まで急いで駆けて行きます。

そして約束の場所へ。

20070326101135.jpg


私が暮らす妖族の街とは全然雰囲気がちがいます。

気がつくととなりに・・・おおーー、と紹介の前に。


今回お名前は伏せておきますので、記事の中では

彼方(かのかた)と呼ばせていただきますね。

PWで初めてお会いしたそのお姿は・・正直ビックリ。

RFでの印象とはまるで違います。とてもボーイッ

シュで行動的な印象です ^^。

咲 「そうか、こういう自分でこの世界を堪能

   されているのですね。」

彼方「はい、男性キャラでプレーしようと思った

   のですが、つい・・・」 うふふ、つい 

というところにRFでの名残りを感じますね。

彼方「もしも抱っこをされそうになったら、中身

   男性ですといって断るつもりでいます」

とのことでしたよ。もしも彼方と会われることが

あっても、抱っこしようなとどされませぬよう

に・・・矢を打たれますよ^^;。そのあと

しばらくは記念撮影会となりました。馴れない

ために時間がかかり、ずいぶん立たせっぱなしに

してしまいました ><。


では、お宝SSは次回発表。またねぇーー。ウソウソ ^^;。

20070326101213.jpg


ねっ!!! ショートカットヘアで、ボーイッシュ

なお姿でしょ?

実はPWでの防具姿って、何だか生地がペラペラした

感じだし、布量も少なくてあんまり好きではなかった

のですが、弓使いの方が着るとイメージにぴったり

なのですねぇ。  もう一枚。

20070326101552.jpg


このチョッピリ憂いを含んだ横顔も素敵です。

このあと二人並んで座って、楽しいおしゃべりタイム。

咲 「エルフは体力なくて大変と聞きますが?」

彼方「いえ、弓使いは結構体力がありますので、

   大丈夫ですよ。」

咲 「そうなんだね。よかった^^。」



と、まさしくその次の瞬間です。


3匹のサソリに追いかけられたプレーヤがこちらへ

向かって突進、そして・・・巻き添え死・・・。

「ああ、この感じ・・ナ・ツ・カ・シ・・・。」

(このときのSSは不覚にも撮影しておらず><)

彼方「ついさっき、体は丈夫ですといったばかり

   なのに・・・やはり地上は危険なのですね。」

咲 「^^」

あのタイミングでのハプニング。やはり彼方といると

全く楽しい。

あぁ、あなた様は天上人とおなりなのでしたね。

近々の再会を誓って、この日は名残り惜しくも

ここでお別れ。

彼方へ キツネは地上を駆けながら、空を舞う

あなたのご無事を祈っておりますよ。

  次回タイトル「RF ギルメン紹介7

   3月27日17時更新予定です。
スポンサーサイト
別窓 | PW | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<みんな知ってる? | 月夜と猫と日記帳 | 妄想劇場>>
ブルーラベンダーというのですね
いえ、髪の色や花飾りとマッチしていて、派手さは感じずむしろ落ち着いた雰囲気を漂わせていましたよ。
私のほうは、結果としてよかったのですが、ぼくたま のような髪型が見つからなかったしだいですw
2007-03-27 Tue 01:25 | URL | アト #-[ 内容変更] | top↑
楽しい時間をありがとうございました
あれからカメラモードの特訓をしています。
次回にお会いできたときには、アトさんの魅力をもっと
お伝えできればと思っています。
人間の姿で二人並んでとったSSを見てみますと・・・
アトさんのお化粧ッ気のない健康的な美しさに比べて、
私はケバッ ^^;・・・。
公開いただくまで、もう少し気持ちの準備をさせて下さい。
ブルーラベンダーの髪の色はとても気に入ってます。
2007-03-26 Mon 22:21 | URL | アトさんへ #-[ 内容変更] | top↑
蓮華
凛々しく写してくださり、ありがとうございます!
私も服装は気に入っていないので、ファッションアイテムが出たらつい買ってしまいそうです。
咲さんの人の姿もぜひ紹介したいところですw
青い髪がとてもお似合いの青い目をし、妖精とは思えない大人びた美しい女性でした。
蓮の花は、私もとても好きです。蓮華は、それ自身を支えている泥のなかにありながらも、決してそれに汚されずに花開いています。私もそのような生き方をしたい、とは願っているのですが。
2007-03-26 Mon 21:48 | URL | アト #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月夜と猫と日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。