オンラインゲームRFとPW。それから好きな本・音楽・映画について、勝手きままに書いていくつもりです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ねこのはなし
2008-04-24 Thu 23:26


ブログ巡回しているフレのお宅で保護したちっちゃい

ちっちゃい子猫が、残念ながら数日で旅立ってしまったそう。


どんなにショックで悲しいことだろう。




わたしも放っておいたらきっと死んでしまうだろうという猫と

遭遇する「猫運」をもっている一人。


白黒「はっち」は交差点わきで保護したのだけど、あとでうまれつき

目が見えていないことが判明。


今も健在な「へいろんと」一緒に拾った「むーみん」は母猫から

お乳がもらえずガリガリで、へいろんの半分くらいの大きさしか

なくって、これじゃあ冬が越せないなと思い我が家へ。



両方とも旅立ってしまったときは、本当に悲しかった。

だけど、拾わなければよかったとは思えないし、

別れがつらいから、二度と拾わないとも思わないんだ。


だって、手のひらでウトウトしてたときの子猫のお腹の

暖かさとか、寝顔の愛らしさとか、忘れられない愛しい

思い出をいっぱいくれたんだものね。



大好きなブログ「くるねこ大和」のくるさんが、いってた台詞。

新しく家族の一員になった猫に、以前くるさんの元から旅立った

猫の姿を重ねて「また会えたね」


わたしもそう信じているのです。


きっとまた会えるよね。



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 月夜と猫と日記帳 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。